伏見SSシリーズ 朝鮮の梅その3

| コメント(0) | トラックバック(0)

「大丈夫だ。桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿、と言うだろう」
 確かに政宗の言うとおりなのだが、伏見に無事着いただけであれだけあるということは、高麗で一体何本挿したことやら。
 成実の指摘どおり、輸送途中に蒸れてしまったり、潮をかぶったり、またひっくり返ったりしてだめになったものも少なくはない、と政宗は認めた。
「そういう五郎とて、持ち帰ったものがあるというではないか」
「聞こえてござったか」
 成実の持ち帰ったものは竹である。根を地掘り苗の形にし、適度に湿らせた布袋に入れて持ち帰る。枝を持ち帰るような苦労はない。
「竹も悪くはないが、広がりすぎて情趣に欠けはしないか」
 政宗がいたづらな笑顔で問う。
「我が家ゆかりの草木だぞ」
と成実は肩をいからせた。
 それに、と続ける。
「高麗の竹林には虎が住むそうな。いかにも勇武の家にふさわしかろうが。また矢竹にもなり、矢来となり、槍となり、筒となり、樋となり、籠や器となり、しかも竹の子は食える……」
 実用をとうとうと並べ立てるあたりが、いかにも成実らしい、と政宗は苦笑した。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/417

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2004年12月18日 22:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「伏見SSシリーズ 朝鮮の梅 その2」です。

次のブログ記事は「伏見SSシリーズ 朝鮮の梅その4」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。