2004年10月アーカイブ

苔庭

| コメント(0) | トラックバック(0)

シャッター付ガレージの電球交換のため、屋根にのぼった。
雨どいに土が詰り、見事な苔庭になっていた。
捨てるのがちょっと惜しかった。

中央図書館に行って、輝宗日記をゲット!

しかし、校注が不親切……。

実元を「五郎殿」と記載してるってことは、「従五位下兵部太輔」はやっぱり作ってるのね。
まぁ、もとから本気にはしてなかったけど。

最上義光から保春院への手紙がいっぱい載ってて、なんだか頬がゆるみました。
時間なかったから、あまり中身読んでないけど。
家の近くに中央図書館が欲しい……!

図書館

| コメント(0) | トラックバック(0)

ここ数日デプレッションで、日記を書く気力もなかったので、憂さ晴らしに電車で一時間かけて中央図書館へ。

やっぱ何の邪魔もなく本に囲まれて、参照したいものがすぐ探せると言うのはすごーくシアワセ。
前から調べたかった、近世の大坂の借家についても、何を調べたらいいのか、というめどはついたし。町式目を読み込むことと、年寄日記を読むことがとりあえずの目標かも。
今度は貸し出しカードを作ってゆっくり来よう。

京と大坂の借家の違いについてのソースは太田南畝の「所以者何」だったこともわかって、すっきり。
逆に明治以降の方がまだ方向がつかめないでいる。

幼稚園のお迎えにいかなきゃならんので1時半には図書館を出たが、ホントは閉館までいたかった……!

モノクロレーザー届きました。
A4サイズまでにしぼったので、コンパクトでリーズナブル。

物件の草抜きついでに、滞納者のところに督促に行きました。
いないと思ってたらいてました。
「まだ払ってませんか?」
……って、アナタが契約者で単身居住でしょうが。
「今日払い込みます」と言うてくれはったんで、「じゃあ今いただいて帰ります」と回収して帰りました。
私は野良仕事スタイルだったんでかなり怪しげかも。

子どもつれて電車に乗ってたら、子どもがほたえるんで注意しまくりますと、
降りぎわぼそっと、横の人に「親の方がうるさい」と言われました。
3人に言いまくってたからなぁ……。反省。少しへこんでます。

 ときどき、新しい入居者さんから苦情があります。
「水道代が高い! なんで!?」
「水道料金表に従ってます。ポストに入れておきますのでご覧下さい」
というのが、だいたいこちらでよくする対応です。
契約書にはたいがい、「水道代 実費」としか記載されてませんので、料金の変化で戸惑う人は多いようです。
私もとても焦ったことがあります。高い、という苦情があまりに多いので調べますと、自治体の料金表と異なってたんです。――先代の頃から10ン年使っていた料金表。。。。。誰が作ったのかもはやわかりませんが、作ったときには何らかの根拠があったはずなんですが、それももはやわからず(汗)。「おそらく当時の自治体の料金表では」という推測しかできませんでした。あわてて現在のものに改定しましたとも。
この水道料金、自治体によって、高いところと安いところでは9倍近い格差があるそうで。賃貸住宅の場合、その物件の採用する料金体系によってさらにパターンが増えますから、引っ越すたびに戸惑うものの一つのようです。 ところで賃貸住宅での水道料金体系はどうやら5つに分類できるんじゃないかと思います。

① 自治体の水道料金表を準用
② 物件独自の水道料金表を使用
③ 全体の使用量を戸数割
④ 水道代定額制
⑤ 水道局と直接契約

ですね。
2階建ぐらいまでは水道局と直接契約できることが多いのですが、規模が大きくなると自治体の管理は物件に一つある親メーターまで。各戸の子メーターの検針を管理者が行って各戸に請求することが多いです。
そこで用いる料金表で①の場合と②の場合がありますが、賃貸住宅で一番多いのが①の方式だと思います。ただし、自治体の料金表自体、戸建てと集合住宅で違ってたりすることもありますので注意がいります。
③のパターンは管理が楽です(笑)。なんたって各戸検針がいりません。でも多く使う人も少なく使う人も同じ料金なので。不公平だという苦情もでやすいようです。でも、なんとこの戸数割方式は自治体の制度になっているところもあります(例)。物件所有者の申請により、自治体から各戸に直接請求が行く、という仕組み。ですから意外とこのケースは多いのかもしれません。
④の水道代定額制はワンルームマンションに時折見られるパターンです。いくら使っても同額というバイキングのようなお得感はないわけではありませんが、当然赤字にならないような設定になってます。経済的とはいえませんが、この方式は契約書に記載されるので、わかりやすいのはわかりやすいですね。
⑤は一戸建てや長屋、小規模なハイツなどでみられます。水道局との直接契約ですので、大家や管理の出る幕はありません。

もう一つ水道料金をわかりにくくしているのが、下水道料金の仕組みです。これも自治体によって異なります。
上水道と別の料金表があり、上水道とは別に請求するところもあれば、上下水道を統合した料金表を使う自治体もあります。 これも物件の水道料金体系や水道代徴収方法に影響します。

あと、急に水道代が増えたりした場合は、漏水がないか調べてみてください。もしあったらすぐに管理に連絡を!

更新

| コメント(0) | トラックバック(0)

会社のHPを仮UPしつつ作成中。
んで、プリンターはついに修理をあきらめ、買い換えることに。
ところがモノクロレーザーは一般のニーズが少ないせいか、近所の家電量販店には全く置いてない!
仕方ないので明日(って、もう今日か)日本橋に行くことにしました。

同族法人との間の資産の移し変えについてだとか、建てる建てない検討中の物件の話だとか、そうこうしてるうちに時間はたち……。

記帳にいくとやっぱり入金がないので保証人さんに督促電話をかけ……。

夜9時過ぎに実家の両親が来て、「お土産♪」とスモークサーモンくれました。
わーい。
で、子どもを寝かせて……っと。

あーっ、特約と重説にに入れてもらう文案がまだできてない(汗)。
ついでに「大家さんのひとりごと」の定期更新も忘れてた!

定期更新を仕事より優先した大バカ者です。ハイ。

朝からクレーム電話1時間。みっちり話をしたので少々すっきりしたが、問題はまったく前進してない。
報告書書いてたら時間はたつし。
関係役所に行くと、移転してるし。
おかげでプリンター修理に持ってけなかったよ。くすん。


明るい話もないではない。部屋止め1件。今月空く部屋の希望なので、内見は別の部屋を見てもらっていた。
ただ、内見の際、私は同行してなかったので、見てもらった部屋と内装が異なることをその時にいえなかった。募集に書いていた仕様と異なるわけではないのだが。値下げ交渉のネタになってる。こっちは応じたくはないのだが。
また申込者の方にも少々こちらから注文を付けたので、うまく契約までいくかどうかはまだわからん。
うれしさもちゅうぶらりんなり。

朝、国語辞典を見ていた息子(小一)が、「若々しい」という言葉を見つけて言った。
「おかーさん、ときどき若々しいね(にっこり)」
「若々しいの意味知ってる?」
「うん。若く見えるってことでしょ」
…………その「ときどき」はなんなんだーーーー!!!

あっ、マンション花壇に植えたキンギョソウの残り、畑に植え忘れた!

政宗

| コメント(0) | トラックバック(0)

気がつきました。

自分の作品に政宗出現率が低い!
(今まで気づいてなかった・汗)
なんでだろう。別にキライなわけでは全く無いのに。
綱元は意識的に出したいと思うけど、との(政宗)は話の流れで必然的にからんでくる以外あんまり出てこようとしないの。
あんなに自己主張の激しい人なのになんでー(涙)???


ひそかに佐々若狭萌えです。名前が韻を踏んでるところがいい(笑)。
でも何も知らない。


拍手レス>日暮さま
メッセージありがとうございました。「チラリと出てくる」で初めて上記のことに気づきました。
どうやら私にとって政宗は雲の上なのかも(^_^;)
書きかけの作品も登場人物が、御先代の方々だとか、治部宗実と成実だとか、前田慶次と成実だとか……。

田んぼの横を通ると黄金の波が揺れ、かぐわしいお米の匂いが漂ってます。
今年はやたら暑かったですが、やっとこさ、秋本番て感じです。

野菜の端境期で休止されていた地元の朝市も再開されました。
今年から地産地消運動としてはじまったんですが、なかなか盛況。
やっぱり土地に活気がないと、自分の商売もあがったりです。
いろんな人が地元を元気にしようと頑張ってはるのはうれしい♪

と、朝から気分よくしておりましたら、連休のせいか案内のお問い合わせも3件ありました。
まだ成約するかどうかわかりませんが(内見して成約する割合ってけっこう低いんだけど)、内見もないとさらにヘコみますので、やっぱり問い合わせがあると幸せです。

さてと、今日は地元の祭りで、明日は子どもの運動会だ。

成実が身をよせていたという、糟谷。
永岡慶之助の「伊達政宗」以来、なんとなく海辺という印象がありましたが、こないだUPした小説を書くために検索してみてびっくり!

海ないやん! 山やん!

あわてて永岡慶之助の読み直したら、糟谷じゃなくて小田原になってました。
小田原なら海あるわな。

糟谷は今の神奈川県伊勢原市です。

1  2

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2004年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年9月です。

次のアーカイブは2004年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。