敷金〜東京ルール

| コメント(0) | トラックバック(2)

いよいよ明日から東京ルール施行です。

そのため「賃貸住宅新聞」もトップ記事はその話でした。
ひとことで言うと、仲介業者さんは特約だけでなく、原則(ガイドライン)も説明しなさいよ、ということのようです。

でもこの見出しは誤解を招きますよ。
「原状回復費用は原則家主負担」
これは違う。

原状回復は借主の義務

集客のための改装は家主の負担

が正しい。
この見出しだと、借主は荷物を置きっぱなしにしていい、つけた造作はそのままでいい、なんてことになります。

「原状回復」という言葉の使い方が今ややこしくなってますね。
元凶はおそらく、かつて貸主サイドが本来家主負担分までを「原状回復」と表現して借主に支払わせていた(言葉の)使用法にあると思います。
でも最近、マスコミや法曹まで、この誤用のままで発言するのはちょっといただけない。

賃貸フェアで家主仲間が
「敷金トラブルはいやなので、敷き引きもやめて礼金オンリーにしました」
と言ってました。
名案だと思います。
難儀なのは地域性?があることで、うちの某物件では、「敷0、礼3」総スカンを食らいました。「保証金3、解約引3」にするとそれなりに埋まった。実質あんまりかわらないんだけど(汗)
一方で業者さんのおすすめは、客寄せしやすい「敷0、礼0」。でも賃料は上げるなって言われます(苦笑)。


高額な一時金の支払能力は、貸主が借主の金銭的信用を審査する意味もあります。
だから他の審査手段や保証手段がもっと普及してくれないと、まったく0にするのは私には抵抗がある。
クレジットカードや保証会社が可能性ありますけど、まだまだ利用のハードルは高いみたい。

でもこないだ、入居者さんから、「カード払いできませんか?」とお問い合わせを受けました。
またボスに上申してみましょう。
管理会社向けのシステムはあるんだけどな。手数料が保証会社なみになれば導入しやすいんだが。

トラックバック(2)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/364

 最近仕事の関係上、家主様のブログを見つけて読み色々考えさせられることが多い。  で、今日は『大屋さんのつぶやき』と言うブログを読みながら東京ではついに賃貸住宅トラブル防止ガイドラインが施行されるのを思い出した。  全国的に、どうだとは言わないまでも退去時の敷金清算のトラブルは結構多いようだ。基本的には家賃滞納などが無ければ、そのまま返却される敷金であるが、いまだその過程においてのトラブルは耐えないみたいだ。  まぁトラブルとして多いのが、敷金が還って来ない、追加で退去時費用を請求された等のようだ。まぁ現象的には敷金が戻ってないのだが、内容的には退去時に家賃等の未払いと原状回...... 続きを読む

賃貸住宅紛争防止条例ということで。こちらです。 今回のこと、大家の観点から申し上げたいのですが・・・まず、日刊ゲンダイの元ネタで書いてある「退去の際の費用負担について、これは大家。これは借主」という区分ですが、本当にこんな区分がされるんでしょうか。 現状で...... 続きを読む

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2004年9月30日 13:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サイト プチ更新」です。

次のブログ記事は「敷金問題〜サイレント・マジョリティ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。