呼称

| コメント(0) | トラックバック(0)

政宗のことを家臣がなんて呼んでたか、というと
お屋形さま
のようである。
居館の「屋形造」が許されていたから「屋形」と号したとか。

「小田原前夜」を書く際に困ったのが、羽田(成実の臣)が成実に対してどう呼びかけるか。
政宗同様「お屋形さま」とは考えづらい。しかも前に小次郎がいる設定だし。

それはそれとして、じゃあ家来一般は自分の主人のことをなんて呼んでたのか。
小説や時代劇では「とのさま」「との」あたりがよく使われるが……。それであってるのかな??

狂言では「たのうだお方」が一番多いが。
直接の主ではないがえらい人には「○○のたのうだお方」「とのさま」などがあったような。

同輩、もしくは家来にむかっては通称で呼んだと思われる。
通称をたびたび変えるのは珍しくないが、周知はどうするんだろう。
会う人会う人に「名前変えました」と言ってあるくとか(笑)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/324

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2004年7月28日 23:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「せのび」です。

次のブログ記事は「百面相」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。