本音と建前

| コメント(0) | トラックバック(0)

こないだみたいに法務関係のセミナーがあると、ついふらふらと書店の法律コーナーへいってしまう。

んで、面白かったのがこれ
ホンネの法 タテマエの法
法律を聞きかじるのが面白くて、ついつい「質問箱」でもそういう方面の回答に走ってしまうのをすごく反省する今日この頃。
勉強は大事だけど、煽ってどーするよ、とちょっと自己嫌悪な気分だったんだけれども。

この本を読んでるとものすごくうなづかされることが多い。
役に立つとかそういうのじゃなくって、法律上の結論(タテマエ)のほかに社会通念上の結論(ホンネ)は一致しない、ということ。
当たり前なことなんだけれども、法律家の方が正面からそういうのは最近珍しく感じるとゆーか、新鮮に感じるとゆーか。
この本のはいろいろな法的事件をホンネとタテマエという切り口で比較文化論的に書いたエッセイなのだが、著者がその視点でニュートラルを保って各事件にコメントしようと努力している(タテマエ)割りに、結構これはこっちを救済したほうが……とホンネ全開のコメントがついているのもまた楽しい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.o-yasan.jp/mt/mt-tb.cgi/318

コメントする

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

Photo

  • 2011 04 30_0016.JPG
  • xy3qi.jpg
  • 80tqm.jpg
  • 67806296.jpg
  • ua1wv.jpg
  • driwf.jpg
  • 2010 10 10_9697.jpg
  • _S8O0642.jpg
  • 2010 10 10_9694.jpg
  • _S8O0096.jpg

このブログ記事について

このページは、が2004年7月15日 23:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネタ」です。

次のブログ記事は「敷金論争!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。