2004年6月アーカイブ

銀行の人が、くれというので決算資料を渡した。
エクセルで作った借入金一覧表。
と、いってもエクセルを表のフォーマットとして使ってるだけで、表計算などはほとんどはいってない。

すると
「おおー! エクセル使いこなしておられますね!」

バカにされてるようにしか思えないんですけど……。

いかん。この日記が砂吐き場になっとる。
いや、同じことでも別の銀行の人は
「きれいに見やすくしていただいて、助かります」
と言ってくれたのだ。この方がうれしいす。

過剰なお世辞はやめてください、営業の人。

成実三昧に書簡6通Up。
つくづく政宗は筆まめ。
いや、今で言うところの電話の感覚か。そのたびに飛脚が走ってるし、使者の口上もつきものだから、まさに電話。

引証記などにけっこう成実がらみの手紙もありそうだが、どこかに翻刻本ないかしら……。

某大手FCが出している賃貸情報誌にオーナー名の名刺広告をつきあいで出した。
20000円余。
この地域には全くの新規出店で、いろいろと熱心に動いてくれるから、ご挨拶のようなもの。でもまだ成果には結びついてないけど。

おそらく本部から、広告取りのノルマが各店にくるのだと思うが。

広告なら、成果に結びつくような枠をくれ

賃貸情報誌にオーナー名と物件名だけ載せて、入居の問い合わせがくるわけなかろう。条件も間取りも載ってないのに。

つきあいだからお中元がわりと思って載せるが、広告効果ならミニコミ紙に出したほうがマシである。以前やったことがあるが、ちゃんと反響はあった。(契約にはいたらなかったが)
マジでオーナー広告の枠を作る気はないですか? ねぇ、○○○○さん。

損害保険――入居者の方は仲介業者さんで、たいがい入らされていると思います。
借家人向けの賠償責任保険が付いた、住宅総合保険。
不慮の事故の際、自分の財産(家財)や他人の財産(物件の設備等)に生じた被害に対して保険金のおりる、ありがたいものです。

ほとんどの不動産屋さんは、損害保険会社の代理店となってますので、契約時に勧められます。
と、ゆーか、ほとんど料金の一部みたいに取り扱われていることも多いので、言われるままに保険料を支払っている人も多いと思います。
また、物件を管理している会社にも損保代理店となって、管理会社指定の損害保険の加入を賃貸契約上の義務にしている場合もあります。

とはいえ、賃貸借契約と損害保険は本来別物。義務付けています、といいつつ口頭で伝えるのみで契約書には明記されてない場合も多いんですけれどもね。

じゃあ、損害保険をやめちゃって、年間1-2万円の節約! と考えた人。
お願いします、やめてください。ちゃんと保険に入りましょう。

まず、火災等の場合。失火の場合、延焼先への被害は重大な過失でない限り免除されますが、賃貸物件の場合はそうはいきません。貸主に対して「善良なる管理者の義務」を果たさなかったための損害賠償責任が生じます。

火事なんてめったにおこらない。だからほとんど掛け捨て?
そのとおりです。火事なんてめったに起こりません。

実は一番この保険の活躍するのは水漏れなんです。
うちでは軽微なものも含め、年に数回あります。風呂の水があふれた、洗濯機から漏水した、トイレが詰まった、配管からの水漏れがあった……

などなど、水漏れ事故は集合住宅にはつきものです。
わずかな水漏れでも防水部分を超えれば、あっという間に下の階へ漏れていきます。

今までで経験した中で一番ひどい例は、2部屋全部水浸し、クローゼットの衣類は全滅。押入れの布団や収納物も全滅。当然クロスや床も全部張り替え。被害総額は150万円ほどにのぼりました。

これは極端な例ですが、洗面所の天井から水がポタリ、ポタリ……。程度はよくあることです。この場合でも、浮いたクロスの張りなおし、水漏れの対応に走る業者等の費用などで、うっかりするとかなりの額になっちゃうこともあります。

配管からの水漏れは、原則賃貸人の責任ですが部屋のなかで起こった場合、賃借人が報告を怠ったために修理が遅れると、賃借人の管理責任が問われることもあります。

これらの多くは、保険金の支払い対象になります。水漏れ事故があってもあわてずに管理会社や賃貸人だけでなく、損保会社へ連絡してください。そのための保険料です(笑)。

 

じゃ、損害保険代は節約しないほうがいいのか?
とは限りません。
貸主の指定があれば仕方ありませんが、特に指定のない場合は、家財の額などに応じて保険を選ぶことができます。
仲介業者や管理会社では細かい額の設定はせず、単身者かファミリーかぐらいの種別しかありません。保険金の上限等、制限のあることもありますが、細かい設定をすることにより、場合によってはかなりの節約ができます。
また、借家人賠償責任付の住宅総合保険は、各損保会社だけでなく、JA共済や全労済などの共済もあります。

また、管理会社指定も悪いことばかりではありません。少しでも収入を増やすために代理店になっているわけですが、事故の場合も取り次いでくれます。特に賃貸人に代わって管理している場合は、賃借人に賠償してもらうよりも保険を使うほうが安全・確実ですから(爆)、手続きもきちんと説明してもらえることが期待できます。
単なる仲介業者さんの指定の場合は、対応が分かれることもあるようです。

さて、では視点を変えて賃貸人の方
保険に入ってない方はほとんどないと思いますが。
使ってますか? 
上にかいたように、雨漏り、水漏れの多くには住宅総合保険が使えます。
火災保険単独でなく、住宅総合保険の場合が多いと思いますので、手元の保険証書を確かめてみてください。ちなみに住宅金融公庫特約火災保険は、名前は「火災保険」でも住宅総合保険ですので火災以外にも使えます。
管理会社に任せておいても、保険の話はなしで普通に修理代の請求が来ることは多いものです。
特に兼業していると、ついついふっと支払い勝ちです。
でもちょっと待った。
事故時には速やかに連絡してもらい、保険が使えるかどうか損保会社に確かめてみましょう。

保険料の検討についても、賃借人の方と同じことが言えます。
住宅金融公庫で融資を受けた場合は、指定されていますが、完済した場合。
また民間融資で指定のない場合。
細かい設定を見直すことによって、保険料が変わってきます。また貯蓄性のある商品も出ていますので、損保各社や各共済の商品を一度じっくり見るのもいいものかと思います。

大家さんのひとりごとに「損害保険の話」をUP。

意外と水漏れに住宅総合保険や借家人向け損害保険が使えることは知られていない。
かくいう私もン年前までは知らずに、真っ正直に修理代を払ったり、借家人の修理分を立て替えて踏み倒されたりしていた。

そんなんで契約していいのか、保険

契約内容わかってないじゃないか、みんな。
「じゃ、これにハンコ押してください」「ハイ」
の人がいかに多いかわかろうというもの。

お、これをネタにもう1本書けるな(笑)。

賃貸写真館別館〜みんなの原状回復
いろんな人の体験談を聞かせて欲しい、というわけで設置。
写真必須、というのがミソなのだが、めんどくさいかな?

テーマがテーマだけに、荒れないことを祈りつつ。

こんなことがあったヨ、という話を聞かせてくださる方の投稿をお待ちシテマス。

とうとう作りました(笑)

投稿お待ちしてます。
どれ、私もン年ぶりに成実を描くか……。

末娘が発熱。
離してくれない。気がつけば一緒に寝ていた。

大家さんのひとりごとトップのGoogle Adsを削除。
ここが一番違和感ある。

トップはA4印刷で切れないように640ピクセルにこないだしたのだが、大きい画面だと少し見にくいな。どうしたものか。

人にあうのをきっかけに、2月ぐらいからのアクセス解析でリファラーを見直してみた。
アクセス数は大きく変わっているが、20%がダイレクトリクエストであることはかわりない。そのほかは10%が検索エンジンのよう。のこり70%はいったい……???

久しぶりに古本屋街にいきました。
学生時代はよく出入りしてましたが、一旦行くと2-3時間たたないと出てこれないので、しばらく行くのを控えてたんです。
当時はどの本屋のどの辺にどのジャンルの本があるか、ほぼ把握してましたが、あまりにひさしぶりなんで思い出すのにしばらくかかりました。

で、収穫物。

「中世の中に生まれた近世」山室恭子 吉川弘文館
書状の書き方に注目した本です。書簡を今、一所懸命読んでるんで、読み方の参考に、と思って買いました。

「日本戦国史国語辞典」
戦国期の言葉の辞書。2000円はお買い得だったなぁ。

前の10件 1  2  3  4

管理人

ヨメに来たら賃貸住宅のお世話がくっついてきた! 大家の立場で賃貸裏話を発信中!

最近のコメント

このアーカイブについて

このページには、2004年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2004年5月です。

次のアーカイブは2004年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。